ロータリーとはRotary

  • ロータリーは人道的奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的規準を守ることを推奨し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した事業および専門職務に携わる人が世界的に結びあった団体です。
  • ロータリーは、利他の心を養い、人を育てるとともに、献身的な奉仕活動を行う団体です。

会長 所信表明Greeting


二本松あだたらロータリークラブ2017~2018年度会長
佐藤 壮一郎


このたび、2017-18年度二本松あだたらロータリークラブ会長を拝命することになりました。入会して7年目の若輩者で、ロータリーについてまだまだ理解していないところが多々あると思いますが、会員の皆様のリーダーとして努力していく所存です。      
 イアンH.S.ライズリーRI会長のテーマ「変化をもたらす」に、ロータリーの活動があまり知れ渡っていないからとの事ですので、クラブ会員のロータリアンとしての自覚を高め委員会活動を活発にしていただき、地域に認知度を高めていきたい。      
それにより新入会員が増えれば良い事です。又、5年後の30周年に向けて、各会員にはアイディアを募っていきたいと思います。      
 今年度1年間、会員の皆様のご理解とご協力を頂きながら、地区・分区のご指導を仰ぎ会員の皆様と共に、楽しく奉仕活動をしていきたいと思います。

  • RI会長 イアンH.S.ライズリー
    RIテーマ
    ロータリー:変化をもたらす

    鈴木ガバナーの活動目標『公共イメージ向上』
    ロータリーは、何をどんなことをしている団体なのかを対外的に知っていただき、ロータリーに対する好ましい公共イメージを作り出す。

  1. 会員増強 純増2名
  2. 人道的奉仕の重点化と増加 ポリオ撲滅・平和フェロー・教育の支援
  3. ロータリー公共イメージと認知度の向上
  4. RI会長賞に挑戦
  5. ロータリー財団への協力 1人150ドル・ポリオ基金1人30ドル
  6. 米山記念奨学会への協力 1人5,000円

幹事あいさつ

    


      二本松あだたらロータリークラブ2017~2018年度幹事
安部 敏弘


            

今年度(2017-18年度)二本松あだたらロータリークラブの幹事を拝命致しました安部敏弘と申します。
 ロータリー歴は、3 年と7ヶ月目とまだまだ浅いのですが、昨年度(2016-17年度)に県北第一分区の分区幹事として、県北7クラブのお世話をさせて頂く機会を頂き、善方パストガバナー補佐はじめ7クラブそれぞれの会長・幹事の方々に沢山のご指導・ご鞭撻を頂いたことは、私にとりまして、とても貴重な体験でございました。
 年度が変わりまして、「心機一転」「初心の心」で、佐藤新会長の補佐として、また当クラブの幹事として、会員各位のご協力とご指導を賜りながら、微力ではありますがしっかりと務めて参りたいと思います。
 私なりに、具体的に以下の目的を持って取組んでみたいと思います。

  1. 理事会並びに例会が充実した内容で開催される様に務める。
  2. 佐藤新会長のクラブテーマ『わくわくする素敵な二本松あだたらロータリークラブ』の実践に協力する。
  3. 柳沼戦略計画委員長を始めとする各委員会が活発に活動出来るように務める。
  4. 2017-18 年度RI 会長のイアンH,S. ライズリー氏が掲げる『ロータリー:変化をもたらす』に基づいてのクラブ内実践に務める。
  5. 地区目標の中の『ロータリー公共イメージと認知度の向上』の実践の為にホームページ活用を推進する。
  6. クラブ会員のIT化を促進し、クラブ会員同士のコミュニケーションをより活発にする。
        

一年間、どうぞよろしくお願い致します。

新着情報News

4つのテストTHE FOUR-WAY TEST

言行はこれに照らしてからOf the things we think,say or do
  • 真実かどうかIs it the TRUTH?
  • みんなに公平かIs it FAIR to all concerned?
  • 好意と友情を深めるかWill it build GOOD WILL and BETTER FRIENDSHIPS?
  • みんなのためになるかどうかWill it be BENEFICIAL to all concerned?

ロータリーの目的Purpose

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。
  • 第1
    知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
  • 第2
    職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること。
  • 第3
    ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
  • 第4
    奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。