2018-19年度年次計画

    

S.A.A(会場監督)

代表/佐藤壮一郎   委員/菅野守芳・根本和行・秋山和久
計画目標

 規律ある例会になるよう努めます。

活動方針
    • 例会場の準備、点検をする。
    • 席順テーブルをカードで決める。
    • 私語を慎み携帯電話のマナーを守らせる。
    • 例会場出入口でにこやかに会員を迎える。

戦略計画委員会

委員長/善方邦雄   委員/齋藤敏夫・柳沼英雄・秋山和久・阿部佳文・菅野守芳
        
計画目標

 戦略とは、目的達成のための総合的、長期的な計画、手順をたてることです。
第二世紀に入ったロータリーは、激動する社会の変化に応えながら、より機能的で活力ある組織を目指さねばなりません。
 会長が毎年交代するロータリーでは、運営が活性化される反面、長期的計画にたった活動が難しい側面がありますが、継続性を期するため直前会長、現会長、会長エレクトを中心に、理事会への提言や、クラブ協議会を通じて幅広い意見を取り入れクラブ会員の共通理解を得ながら、課題とその対処を明 らかにして、クラブ活動計画に反映することを目指します。

活動計画

具体的には
①委員会の位置づけを明確にする。
②クラブが当面する以下の課題について、あるべき姿を話し合う。          

  • 会員増強の在り方を考える。
  • 例会の在り方を考える。(休会、夜間移動例会の在り方)
  • 会員研修の在り方を考える。
  • 相応( ふさわ) しい社会奉仕活動を考える。
  • クラブの財政について考える。

クラブ管理運営委員会

研修委員会、プログラム委員会、出席委員会、親睦活動・家族委員会、ニコニコボックス委員会
委員長/齋藤敏夫   小委員長/宍戸光英・藤井利則・橋本哲弥
委 員/齋藤勝美・太田恭寿・菅野勝子・安齋秀輝・佐藤智彦・菅原勝彦・橋本好浩

  クラブ管理運営委員会は今回新たに加わった研修委員会とプログラム委員会、出席委員会、親睦活動・家族委員会、ニコニコボックスの目標の5 つの委会の運営の管理及び助言等をいたし、各委員会のスムーズな運営を図るものです。  
 特に年間のスケジュールを基に例会への出席率向上と親睦活動の積極参加を呼びかけてまいります。そのことによりニコニコボックスの目標も達成されるようにしていきたいと思います。又、今回加わった研修委員会においては、当クラブの活性化を図る意味で、色々と助言をして参りたいと思います。各委員会の皆様宜しくお願いします。

研修委員会

小委員長 齋藤敏夫
計画目標

 地区研修委員会の指導のもと、各委員の知識の向上とロータリアンとしての、研鑚をつかむために、クラブ内の包括的な研修計画を企画、実施をする。

活動計画
  • 新会員に対して、地区のセミナーの他にロータリー情報委員会と連携し適時にオリエンテーションを実施する。
  • 将来のリーダーを担う会員を育てるための研修「クラブ指導力育成セミナー」等の計画実施をする。
  • 継続的教育の機会を提供するために地区の研修情報などをクラブ会員への提供と積極的参加に努める。
  • その他会員間で必要と思われる研修等があれば適時に理事会にて協議いただき計画、実施する。

プログラム委員会

小委員長 宍戸光英
計画目標

 本年度のクラブ例会は、出席すれば得する例会を目指します。          
 ロータリーの知識を高める例会を企画しますので、会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

活動計画

 会員スピーチ、ゲストスピーチが中心となりますが本年度は、地区の各委員会セミナー、及び分区行事に参加された会員は報告内容を会員スピーチとしてお願い致します。又、本年度はクラブ協議会は時間制限が短い為(前半)と(後半)に分けて2 週連続で行うように企画いたしました。

出席委員会

小委員長 藤井利則
計画目標

 誕生日(奥様又は本人)のプレゼント実施出席率を80%を目標にして頂きます。

活動計画

 プレゼントの品物の一覧表を会員に配ります。  
 出席率100%の会員に記念品を贈ります。

親睦活動・家族委員会

小委員長 橋本哲弥
計画目標

 本委員会は、会員相互の親睦を図りクラブの活性化に努め会員全員参加を目標に各委員会の皆様と活動計画を実行して参ります。

活動計画
  • 納涼会(8 月)
  • 芋煮会(9 月)
  • 年忘れ家族お楽しみ(12 月)
  • 新年会(1 月)
  • 観桜会(4 月)
  • 家族パークゴルフ大会(5 月)
  • 会長杯ゴルフ大会(6 月)
  • その他、夜間移動例会、
  •  以上主な活動ですが、その他にも親睦を図る活動がございましたらお声がけをお願いします。
    一年間宜しくお願い致します。

ニコニコBOX 委員会

小委員長 藤井利則
計画目標

 本年度も目標額を昨年と同じ50 万円とさせていただきます。

活動計画

 出席率を高めニコニコBOX への協力をお願いします。又、会員や自分への暖かいメッセージ等を添えて頂きます。

会員増強委員会

会員増強選考委員会、ロータリー情報委員会、職業分類委員会
委員長/柳沼英雄 小委員長/佐藤壮一郎・平塚與志一 委員/石澤 崇・金田君子・渡辺 亨

 この委員会には、ロータリー情報委員会、職業分類委員会が所属しています。会員増強委員の大きな目標は、会員増強をするための勧誘と、退会防止に関する包括的な活動計画を立て実施していくことにあります。

計画目標
  • 若い会員と女性会員の増強と拡大が重要課題となります。具体的な対策を検討して増強拡大に努めていきます。
  • 会員の退会を防ぐために、変化に富んだ斬新なクラブ運営の機会を提言していきます。
  • 会員が例会や行事に参加することの意義を理解し、体験することによって「楽しいロータリークラブ」「活き活きしたロータリークラブ」と感じられるようになれば、退会防止にも繋がっていきます。
  • 全会員に、クラブ例会や行事に対する要望などをアンケート形式で取りまとめ、分析しながら新たな試みを実施して退会防止に努めていきます。

会員増強委員会

小委員長 佐藤壮一郎
計画目標

 ロータリー活動は、会員一人一人のマンパワーに頼る事大であります。しかるに会員増強は、ロータリー活動の原動力であり、クラブの活性化を図る意味でも重要な委員会です。          
 会員からの情報とあらゆるチャンネルを使い、新会員候補者の情報を集めていきます。

活動計画

①ガバナーの方針である純増2 名、女性会員純増1 名、40 歳未満純増1 名。  
 会員より心当たりの方をリストアップしていただく。
②会員の退会を防ぐ、ロータリー情報委員会や親睦委員会との連携を図る。
③新会員の歓迎会を実施する。
④新会員セミナーの開催をクラブ研修リーダーと連携する。

ロータリー情報委員会

小委員長 柳沼英雄
計画目標

 ロータリアンとしての、自覚や品格そして寛容の認識を高め、新会員の入会式をはじめ新会員に大してロータリーの用語の解説やRI 会長のテーマ及び地区ガバナーの方針などレクチャーして、全会員に情報を提供し研修を深めていきます。

活動計画
  • 二本松あだたらRCのクラブ細則の一部改正に伴い、若い世代の方や女性会員候補の方に入会しやすくなったことを積極的にアプローチして、クラブの魅力や奉仕活動の楽しさをアピールしていきます。
  • ロータリアンとしての、自覚や品格そして寛容の認識を高め、新会員の入会式をはじめ新会員に対してロータリーの用語の解説やRI 会長のテーマ及び地区ガバナーの方針などレクチャーして、全会員に情報を提供し研修を深めていきます。
  • My ROTARY の登録やクラブの定款・細則など会員としての心構えのセミナーを実施していきます。
  • 例会時には、地区目標、分区行事などを分かりやすく解説し、知識理解を一層深められるようにしていきます。また「ロータリーの友」の内容紹介などを随時行っていきます。
  • 会員の相互理解と親睦を深めるため、他クラブ訪問を実施し、他クラブとの交流を図りながらクラブ運営の活性化に反映できるようにしていきます。

職業分類委員会

小委員長 平塚與志一
計画目標

 会員増強委員会、との連携を密にして新会員の職業分類を検討する。

活動計画

 クラブ内の不規則な職業分類が無いように、見直しをしながら、職業分類の慣行を慎重にに検討していきます。

公共イメージ委員会

クラブ会報委員会、IT委員会、雑誌・広報委員会
委員長/秋山和久  小委員長/菊地久子・高橋修二
委 員/宍戸光英・安部敏弘・菅野浩伸・渡邊綱吉

〇 公共イメージの向上
 23年間続けてきたインドネシアの子供達へ育英基金を欠かさず行ってきました。当ロータリークラブとして感謝の手紙や写真を「ロータリーの友」に掲載する。また毎年行っている霞ヶ城池の浄化風景の地元新聞等と「ロータリーの友」に掲載する目標でした。インドネシアの子供達の感謝の手紙や写真は申込期限の関係で実行できませんでしたが、霞ヶ城の池の地元郭内町内会の方と共同浄化作業風景は「ロータリーの友」に掲載されました。次年度にはインドネシアの子供たちを掲載いたします。

クラブ会報委員会

小委員長 菊地久子
計画目標


 会員紹介等ニュース、会員同士の親睦を図っていく。
 各委員会や他クラブの行事等情報を提供し、出席率の向上を図る。

活動計画

 会員の皆様の協力ご指導宜しくお願い致します。

IT委員会

小委員長 秋山和久
計画目標

 I T 委員会として当クラブのITに対して苦手な会員にも今後のロータリークラブが将来のスピーディで円滑な活動を行うためにアドバイスして登録していきます。

活動計画

 「RI 会長賞への挑戦」を達成するために My ROTARY の地区目標の70% 登録達成していますので、今期は100%に向けて、また当クラブのロータリー活動や週報が前年度からパソコンで閲覧できるようになりました。
 今期も週報や活動内容が閲覧できるように掲載に尽力致します。
 ご協力宜しくお願い致します。

雑誌・広報委員会

小委員長 髙橋修二
計画目標

 本年度は、当クラブの活動をマスコミ等を通して、積極的に地域内外にアピールして、一般の方々にロータリークラブの「社会奉仕」「職業奉仕」の各種活動の際は積極的に広報に努めてまいります。

 また、市内の図書館に「ロータリーの友」を寄贈いたします。「ロータリーの友」は国際ロータリーの国際的活動と日本国内の活動を知って頂ける最高の冊子ですので、ただ配るのでなく一言添えて広報を行います。

活動計画
  • 毎月初めの例会に「ロータリーの友」や「ガバナー月信」の主要な内容について紹介をする。
  • 図書館や公民館をはじめ市内の高等学校に「ロータリーの友」を贈呈し、ロータリーについての理解を深めていただくように配慮する。

奉仕プロジェク委員会

職業奉仕委員会、社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、青少年奉仕委員会
委員長/阿部佳文    小委員長/菅野秀夫・松坂豪智・渡辺章
委 員/本田祐樹・近美豪人・大坪清悟・大藤務

〇 公共イメージの向上
 活動を地域・社会と一体となって行っていく。

活動計画

 池の浄化活動を拡大して池掘り(池の水を抜いて生態系の調査と清掃)を地域と連携して地域住民参加の事業を行う。

職業奉仕委員会

小委員長 阿部佳文
計画目標

 自らの職業の倫理規範を通し法律やコンプライアンスに則って地域と社会への貢献をして奉仕を行う。

活動計画

 ロータリーの定例会や各会合に参加して職業奉仕の理念を学んでゆく。
 定例会での4つのテストの唱和と行動指針としての実践をする。

社会奉仕委員会

小委員長 菅野秀夫
計画目標

 全会員で「超我の奉仕」の理念のもと、社会奉仕活動に努める。

活動計画
  • 霞ケ城公園の美化奉仕活動計画
  • 霞ヶ城公園るり池の水質浄化活動
  • エコキャップ回収活動
  • 県北第1 分区行事、麻薬撲滅撲滅キャンペーンへの参加
  • 猪苗代湖漂水草回収活動への参加

国際奉仕委員会

小委員長 松坂豪智
計画目標

 JICA 青年海外協力隊訓練所のある街として、JICA 職員語学講師訓練生らを応援する事により間接的に国際奉仕に継がる出来る事からはじめよう。

活動計画
  • JICA 青年海外協力隊隊訓練所の行事に協力する。
  • 二本松地球市民の会に協力する。
  • ホストファミリーの受け入れに協力する。
  • インドネシアの子供たちのへの奨学金継続(5 万円)21 年目

青少年奉仕委員会

小委員長 渡辺 章
計画目標

 青少年奉仕委員会には、「インターアクト委員会」「ローターアクト委員会」「ライラ委員会」「青少年交換委員会」の四つの委員会から成り立っています。各委員会のセミナー、勉強会等が年間に数回ありますので会員の皆様にご案内いたしますので、ご理解のうえぜひ参加をしていただきご協力のほどお願いいたします。

活動計画
  • 地区青少年奉仕委員会主催のセミナー、勉強会等への参加
  • 当クラブの奉仕プロジェクトへの積極的参加
  • 外部講師による講習会開催の受講(本年度は外部の講師を招いての講習会を計画)
  • インターアクトのための地元高校、ローターアクトのための地元企業への説明、提案、参加要請の活動等の推進(継続事業として)

ロータリー財団委員会

ロータリー財団委員会、米山記念奨学会委員会
委員長/菅野守芳  小委員長/佐藤壮一郎  委員/根本和行・秋山和久
活動方針

 ロータリー財団委員会は会員の皆様からの寄付金を資源として、社会奉仕の貢献、など大きな役割を担っているので、本年度もRI 方針及び地区の目標、当クラブの目標を尊重し、二本松あだたらロータリークラブの充実した有意義な1 年間となるように、皆様のご協力を得ながら積極的に推進して参ります。

活動内容
  • 奉仕プロジェクト委員会と協力して、ロータリー補助金の活用したプロジェクトを実施する。
  • 寄付に対する会員のモチベーションを高めるために各会員、月1 回1,000 円の寄付(年12,000 円)を財団に寄付を進める。
  • 団の補助金や活動について積極的に情報を提供する。

ロータリー財団委員会

小委員長 菅野守芳
計画目標

 ロ−タリ−財団委員会は、会員の皆様からの寄付金を資源として、社会奉仕の貢献、など大きな役割を担っているので、本年度もRI の方針及び地区の目標、当クラブの目標を尊重し、二本松あだたらロ−タリ−クラブの充実した有意義な1 年間と成るように、皆様のご協力を得ながら積極的に推進して参ります。

活動計画
  • 奉仕プロジェクト委員会と協力して、ロ−タリ−補助金の活用したプロジェクトを実施する。
  • 寄付に対する会員のモチベ−ションを高めるために各会員、月1 回1,000 円の寄付( 年12,000)を財団に寄付を進める。
  • 財団の補助金や活動について積極的に情報を提供する。

米山記念奨学会委員会

小委員長 佐藤壮一郎
計画目標

 米山記念奨学会の事業を会員一人一人に理解していただき、特別寄付を促し認識を高める。

活動計画

 ①毎月1回は、例会時に米山記念奨学金の事をお話しする。
 ②会員一人普通寄付金5,000 円、特別寄付金10,000 円を目標にお願いする。
 ③毎例会一人1,000 円の寄付活動を促す。